【募集終了】東京近郊桜ツアー 3/29~4/12 2019

春を告げる日本のシンボル、桜。
古来より日本人に愛でられ続けてきた桜は今や世界中の注目を浴びています。
数百年の歴史を持つ一本桜や川の堤防沿いに並ぶ桜並木、様々な種の桜が集う桜公園など様々な見所があり、桜の木の下には春の到来を愛でる花見客でにぎわいます。
しかし桜が見れるのはわずか1週間~2週間の間だけ。
ガイドブックの写真のような景色を期待してもまだ咲いていなかったり、もう散ってしまっていたり。
この日帰り旅行では直前にガイドが桜の開花状況にあわせて東京近郊の咲いている場所見つけてご案内します。
ですので行先はその日になってのお楽しみ。
1
From ¥7,200

ツアー概要

春を告げる日本のシンボル、桜。
古来より日本人に愛でられ続けてきた桜は今や世界中の注目を浴びています。
数百年の歴史を持つ一本桜や川の堤防沿いに並ぶ桜並木、様々な種の桜が集う桜公園など様々な見所があり、桜の木の下には春の到来を愛でる花見客でにぎわいます。
しかし桜が見れるのはわずか1週間~2週間の間だけ。
ガイドブックの写真のような景色を期待してもまだ咲いていなかったり、もう散ってしまっていたり。
この日帰り旅行では直前にガイドが桜の開花状況にあわせて東京近郊の咲いている場所見つけてご案内します。
ですので行先はその日になってのお楽しみ。

?行程表 ? ↓↓ 桜名所の見どころ ↓↓

行程

東京駅 ー 桜の名所いろいろ(桜祭り開催):桜並木?桜公園?日本五大桜? - 東京駅

★集合場所:東京駅(プライベートツアーアレンジ可:ホテル集合)

★集合時間:9:00

★所要時間:約7~8時間

★解散場所:東京駅 16時~17時頃

★ツアーハイライト(お勧めポイント):

- 一日ガイド付ツアー
- 少人数ツアー(プライベートツアーアレンジはお問い合わせください)
- 桜が見ごろのポイントへご案内
- 当日になるまで行先は秘密。どこへいくのかお楽しみ
- 解散前に夜桜鑑賞ポイントアドバイスも致します。

※交通費、入場料、食事代等は各自負担になります。

桜並木

日本では桜が川や土手といった水回りの近辺によく植えられている傾向があります。
ではいったいなぜ川の周りに桜が植えられたのでしょうか?かつて江戸時代の頃は河川が氾濫することも珍しくなく、土手を築いても決壊してしまい、甚大な被害を出していました。
それを防ぐための画期的なアイデアが桜並木です。
古来より花見の習慣があった日本では桜シーズンになると多くの人が桜を求めてやってきます。
川沿いの土手に桜並木を作ることで多くの花見客を引き寄せ、結果土手が踏み固められ増水にも負けない強固な土手にしたのです。
また川とその水面の反射のおかげで桜はより多くの水分と光を吸収し、生き生きと育ち、毎年美しい花を私達にみせてくれるのです。

ソメイヨシノ

日本でもっとも人気のある桜の品種で、江戸時代末期に園芸用として作られた人工交配によってつくられた種です。
寿命は他の自然種に比べて短く、50~60年ほどですが、成長も早く30年もすれば見事な大木に成長します。ソメイヨシノは日本の桜を代表する種と言っても過言ではなく、日本の桜のおよそ8割を占め、街路樹や公園などで見かける桜の大半はソメイヨシノと考えて間違いないでしょう。
ニュースで流れる開花情報もソメイヨシノを基準にしています。

枝垂桜

日本には600種類を超える桜が存在しますが、中でも風情を感じさせるのが枝垂桜です。
江戸時代に出現し全国に分布し一般的になったソメイヨシノよりも古くから存在する種で、一週間ほど早く咲きます。一般的にソメイヨシノよりも長寿で、お寺の境内や古い屋敷などに樹齢500年から1000年を超える老木も存在します。
枝が柔らかくしなっていることから枝垂桜と呼ばれ、老齢の木は枝が折れてしまわないように支柱を据えています。

お花見

日本には古来より春になると桜を愛でる習慣があり、貴族の楽しみであったものが徐々に庶民の行楽イベントへとかわっていきました。
現代では4月の始めが企業や行政の新年度や学校の入学日にあたり、桜はまさに新しいスタートを告げる象徴でもあります。
桜の木の下にシートを敷き、お酒や食事を持ち寄って入学祝いや企業の歓迎会などが行われ、各地の桜の名所では桜祭りが開催され、多くの出店が並び、花見客で溢れます。
場所によっては夜間に桜をライトアップし、提灯で道を照らし、夜桜見物をすることもでき、平日でも会社帰りの花見客が訪れ、賑わいます。

ルートマップ

ツアー詳細

?行程表 ? ↓↓ 桜名所の見どころ ↓↓

行程

東京駅 ー 桜の名所いろいろ(桜祭り開催):桜並木?桜公園?日本五大桜? - 東京駅

★集合場所:東京駅(プライベートツアーアレンジ可:ホテル集合)

★集合時間:9:00

★所要時間:約7~8時間

★解散場所:東京駅 16時~17時頃

★ツアーハイライト(お勧めポイント):

- 一日ガイド付ツアー
- 少人数ツアー(プライベートツアーアレンジはお問い合わせください)
- 桜が見ごろのポイントへご案内
- 当日になるまで行先は秘密。どこへいくのかお楽しみ
- 解散前に夜桜鑑賞ポイントアドバイスも致します。

※交通費、入場料、食事代等は各自負担になります。

桜並木

日本では桜が川や土手といった水回りの近辺によく植えられている傾向があります。
ではいったいなぜ川の周りに桜が植えられたのでしょうか?かつて江戸時代の頃は河川が氾濫することも珍しくなく、土手を築いても決壊してしまい、甚大な被害を出していました。
それを防ぐための画期的なアイデアが桜並木です。
古来より花見の習慣があった日本では桜シーズンになると多くの人が桜を求めてやってきます。
川沿いの土手に桜並木を作ることで多くの花見客を引き寄せ、結果土手が踏み固められ増水にも負けない強固な土手にしたのです。
また川とその水面の反射のおかげで桜はより多くの水分と光を吸収し、生き生きと育ち、毎年美しい花を私達にみせてくれるのです。

ソメイヨシノ

日本でもっとも人気のある桜の品種で、江戸時代末期に園芸用として作られた人工交配によってつくられた種です。
寿命は他の自然種に比べて短く、50~60年ほどですが、成長も早く30年もすれば見事な大木に成長します。ソメイヨシノは日本の桜を代表する種と言っても過言ではなく、日本の桜のおよそ8割を占め、街路樹や公園などで見かける桜の大半はソメイヨシノと考えて間違いないでしょう。
ニュースで流れる開花情報もソメイヨシノを基準にしています。

枝垂桜

日本には600種類を超える桜が存在しますが、中でも風情を感じさせるのが枝垂桜です。
江戸時代に出現し全国に分布し一般的になったソメイヨシノよりも古くから存在する種で、一週間ほど早く咲きます。一般的にソメイヨシノよりも長寿で、お寺の境内や古い屋敷などに樹齢500年から1000年を超える老木も存在します。
枝が柔らかくしなっていることから枝垂桜と呼ばれ、老齢の木は枝が折れてしまわないように支柱を据えています。

お花見

日本には古来より春になると桜を愛でる習慣があり、貴族の楽しみであったものが徐々に庶民の行楽イベントへとかわっていきました。
現代では4月の始めが企業や行政の新年度や学校の入学日にあたり、桜はまさに新しいスタートを告げる象徴でもあります。
桜の木の下にシートを敷き、お酒や食事を持ち寄って入学祝いや企業の歓迎会などが行われ、各地の桜の名所では桜祭りが開催され、多くの出店が並び、花見客で溢れます。
場所によっては夜間に桜をライトアップし、提灯で道を照らし、夜桜見物をすることもでき、平日でも会社帰りの花見客が訪れ、賑わいます。

ツアー催行日/料金

日付をクリックして予約/問い合わせにお進みください。

★自由な出発日のプライベートツアーの手配も承ります。こちらより、ご希望の出発日、ご旅行日数、ご人数など、詳しいご希望をお知らせください。

関連ブログ

関連ツアー

166